OpenPoseAPI

実際の動作画面

OpenPoseAPIをPythonプログラムから使用している様子


OpenPoseAPIをWebアプリケーションから使用している様子


そもそもOpenPoseとは?

OpenPoseとは単眼カメラだけで下のGIF画像のように姿勢推定が行えるライブラリです。 ソースコードが公開されているので誰でも自由に使うことができます。 OpenPoseとは

WebAPI化した経緯

私の研究室では、聴衆の注目率をプレゼンの場に直接フィードバックするシステムの基礎検討という研究でOpenPoseを使用しています。この研究は簡単に説明すると、プレゼンテーション中に聴衆がどれだけ注目して前を見ているかをOpenPoseを用いて推定し、その注目率によってスライドに直接フィードバックを与える(注目率が低いとスライドがどんどん薄くなって見えなくなってしまう等)という研究です。

OpenPoseとは

OpenPoseは単眼のカメラだけで姿勢推定が行えるため、導入コストの面から私たちの研究にとても適しています。 しかしその反面、OpenPoseを動かすには高性能なPCが必要であり、モバイル端末等では利用できないといった問題がありました。 そこでOpenPoseをWebAPI化し、高性能なPCで一括処理できるようにすればモバイル端末でも利用でき、汎用性が広がるのではないかと考え制作を行いました。 OpenPoseとは

処理の流れ

処理の流れとしては以下の画像のようになっています。 OpenPoseとは

大鐘 勇輝
大鐘 勇輝
Graduate Student

私の研究テーマは、IoT、ユビキタスコンピューティング、センサ信号処理です。